2018 HIPHOP R&B Best Album 20 (10位~1位)

 

10. Testing / Asap Rocky

f:id:shyboikoba:20181208075813j:image

もはやヒップホップの枠を跳び越え、アルバムタイトル通り全てが実験的で新しいサイケデリック作品です。アルバムコンセプトといいジャケといいMVといいかっこよすぎんよ〜。

 

9. Vacation In Hell / Flatbush Zombies

f:id:shyboikoba:20181208075827j:image

#1”HELL-O”のイントロからブチ上がり必至。今年はZombiesとUnderachieversに、しばらく音沙汰のなかったPhony Pplのリリースまで重なって、Beast Coast周りの動きが活発な一年で嬉しかったです。来年はPro Eraのアルバムが聴きたいぞ!Open your fuckin’ mind!!!!!

 

8. NOIR / Smino

f:id:shyboikoba:20181207143452j:image

全体としてはソウルやゴスペルの影響を感じさせるお洒落ヒップホップという印象ですが、#4”Tequila Mockingbird”ではそこに上手くレゲエを落とし込んだりしていて面白いです。盟友Monte Bookerのプロダクションもバッチリで、Sminoのラップと相性抜群です。

 

7. After the Rain / The Underachievers

f:id:shyboikoba:20181208075910j:image

バチバチのサイケデリックサウンドに定評のあった彼らですが、今作は90s感のあるソウルフルなトラックが多く、アルバム全体を通して暖かみがあります。客演はまだまだアンダーグラウンドなアーティストが大半ですが、プロデュースで最近よく名前を聞くBrasstracksが参加しています。

 

6. Iridescence/ BROCKHAMPTON

f:id:shyboikoba:20181208073546p:image

解散騒動やメンバーの脱退なんかもあって心配しましたが、今作もエモさとファンクさの絶妙なバランスでガッチリ掴まれました。未だにちゃんとメンバーの一人一人を把握できてないんですが、唯一ソロ作をヘビロテしてるリーダーのKevin Abstractに加えて、エモ〜く歌うbearfaceが推しになりました。

 

5. Head in The Clouds / 88rising

f:id:shyboikoba:20181208073712j:image

シーンの中での存在感はまだ決して大きくありませんが、2018年は確実にアジアのヒップホップにとって大きな一年だったと思います。LAでの88risingの初ツアーに行ったんですが、Rich BrianやHigher Brothersは勿論のこと、JojiやNikiの登場時の歓声も凄くて勢いを感じました。来年以降は日本からも世界で活躍できるアーティストが沢山出てきてくれたら嬉しいですね。

 

4. MUDBOY / Sheck Wes

f:id:shyboikoba:20181208073749j:image

衝撃の新人枠。友人のNBA選手のことを歌いジワジワとヒットした#9”Mo Bamba”をはじめ、#2”Live Sheck Wes”など持て余したエネルギーを爆発させてるような曲ばかり。#5”Chippi Chippi”の怪しい感じもハマっててかなりイケてます。ヤンチャしすぎてお母さんの怒りを買いアフリカに一年間幽閉されたりと面白エピソードも尽きません。

 

3. Room25 / Noname

f:id:shyboikoba:20181208073607j:image

自分は前作"Telefone”が本当に大好きで今もよく聴くんですが、そこから2年間で上がり切った期待値を全く裏切りませんでした。ネオソウルとポエトリーラップの融合のような感じでシカゴヒップホップの到達点感あります。ベストトラックはSmino, Saba参加の#8”Ace”。

 

2. Die Lit / Playboi Carti

f:id:shyboikoba:20181207143654j:image

今年一番ヘビロテした全曲外れなしの一枚です。Cartiのめちゃくちゃ軽いノリのラップと、お気に入りのビートメイカーの一人Pi’erre Bourneのゲーム音楽みたいにピロピロ鳴ってるトラックがかなりクセになります。また、客演の豪華さが半端じゃなく、Skepta, Travis Scott, Lil Uzi Vert, Chief Keef, Young Thug, Young Nudyなど全員いい仕事してます。

 

1. ASTROWORLD / Travis Scott

f:id:shyboikoba:20181208073620j:image

粘着質なフローと壮大なサイケデリックサウンドを、Travisの故郷ヒューストンに実在した遊園地”ASTROWORLD”というテーマに落とし込んでいます。#4”R.I.P. Screw”やThree 6 Mafiaネタなど地元愛を感じさせる演出も聴きどころ。

客演にはDrakeやThe Weekend, Frank Oceanと言ったビッグネームをはじめ、Sheck Wes, Juice WRLD, Gunnaなど今年ブレイクした若手もしっかり押さえています。プロダクション陣も豪華で、Sonny Digital, Murda Beatz, Tay Kieth, FKi 1st, Thundercatなど実力派ヒットメーカーが集結。今年を象徴する一枚に挙げるべき完成度だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 HIP HOP R&B Best Album 20 (20位~11位)

 

20. Hive Mind / The Internet

f:id:shyboikoba:20181208074236j:image

一番好きなバンドです。1月にみたライブは最高でした。少し大人な感じに落ち着いてきた印象。

 

19. ONEPOINTFIVE / Aminé

f:id:shyboikoba:20181207115741j:image

軽く聴き流しても気持ちいいし、じっくり聴いてもエモくなれる良作。

 

18. ? / XXXTENTACION

f:id:shyboikoba:20181208074344j:image

前作”17”は個人的に2017年で一番好きなアルバムでした。Bada$$と共演した#8”infinity (888)”がベストトラック。Mac Millerもそうだけど、アルバム全体の空気感や使われてるワードが、まるで自分の死を予期していたかのように思わせます。

 

17. Harlem & Alondra / Buddy

f:id:shyboikoba:20181230021306j:image

Comptonのニュースター。KaytranadaとのコラボEPで好きになったんですが、今回はG-funkの爽快なトラックからKendrick Lamarを思わせる固めのラップまでLAを感じられる一枚です。

 

16. Lost & Found / Jorja Smith

f:id:shyboikoba:20181208075205j:image

“Beautiful Little Fools”や“On My Mind”ときて、かなり期待してたファーストアルバムだったんですが、少しお行儀良くまとまりすぎかなっていうのが最初の印象でした。それでもとにかく歌上手いし綺麗だし巨乳。

 

15. mō'zā-ik. / Phony Ppl

f:id:shyboikoba:20190111064319j:image

ずいぶん久々なリリースな気がしますが、好きだった部分は変わらず。#9”Before You Get Boyfriend.”は、いつ聴いても夏の晴れの日みたいなポジティブな気持ちにさせてくれます。

 

14. CARE FOR ME / Saba

f:id:shyboikoba:20181208075211p:image

Chance以降のシカゴの空気感をまとった、SoulやJazzを消化したヒップホップアルバムです。今年はSabaやNoname、Sminoなどシカゴ勢の”音楽”としていい作品が豊作でした。

 

13. Swimming / Mac Miller

f:id:shyboikoba:20181208075217j:image

出た当初はあまり聴かないでスルーしてたんですけど、後から聴いてこれ実はヤバいなってなりました。感傷的になっちゃいそうでまだ全部歌詞に目を通せてないけど、知ったらもっとヤバいなってなりそう。

 

12. Redemption / Jay Rock

f:id:shyboikoba:20181208075221j:image

生死が危ぶまれるほどの大怪我を乗り越え、強くなって帰ってきた"漢”のアルバムです。TDEらしくフッドでのサバイバル感とラジオヒットを両立してバランスよくまとまっています。

 

11. TA13OO / Denzel Curry

f:id:shyboikoba:20181207120257p:image

独自路線を行く元Raider Klanのラッパーの世界観全開のアルバム。Goldlink参加の軽快な#2”BLACK BALLOONS”や、音楽業界を鋭く風刺した#9”CLOUT COBAIN”もいいですが、#10”VENGEANCE”みたいな暴力的なサウンドがやっぱり一番好き。

 

番外編. Whack World / Tierra Whack

f:id:shyboikoba:20181209125616j:image

全曲1分で15曲入りなのでめちゃめちゃサクッと聴けてしまうんですが、曲の振り幅もあって一つ一つのクオリティが高いです。

https://www.youtube.com/watch?v=EOTebhPy04g&feature=share